インターバンク市場とは、我々が扱う市場とは違います。主に銀行間で行う外国為替市場でで行う取引をインターバンク市場と言います。この市場に参加できる者は限られた参加者です。例えば、大手の金融機関や大手の証券会社などです。基本的に我々参加者は、間接的に通貨を取引します。つまり一度、証券会社を通して取引しています。

株とFXでは違った扱いがあります。株の場合は金融機関が相互に短期的な資金を日々調整しているもので、取引時間は午前8時30分からです。終了時間は実は私は知りませんが、日銀の終了時までと言われています(私は確認していないので、すみません)。

一方、FXの場合は、世界中の金融機関が24時間やり取りしているため、魅力的です。ずっと動いています。基本的に土日は休みなので、平日はずっと動いています。インターバンク市場が動いているので、我々がFX取引が24時間できる、というメリットがあります。

ロンドン、ニューヨークは世界のビッグな市場です。個人的には、ロンドンが一番だと思っています。

イベント情報

  1. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  2. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…
  3. *イベント終了後のお知らせです 10月8日のFXの日に…
  4. タケルFXスクールとは、タケルベーシックルール®を使い、初心…
  5. 毎月2回以上、日本FX教育機構の入門講座を開催しています。 …

メディア掲載

  1. 2017年4月22日のフジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」にて…
  2. 人気の投資情報誌「月刊ネットマネー2017年3月号」…
  3. あけましておめでとうございます。 新年早々、新聞に の広告…