カントリーとは国をさします。つまり国のリスクと直訳するのですが、簡単に言えば、その国は大丈夫かどうか判断することです。日本にいるとそんな事はまず無いと思いがちですが、世界には色んな国があります。

例えば一昔前ではギリシャ危機がありました。これによって通貨のユーロが激しく変動しました。でも、ユーロが破綻するような事はありません。一国だけでなく世界通貨となっている場合は、リスクが少ないです。

ここで、アルゼンチンについて見てみましょう。アルゼンチンの通貨はペソです。ユーロのように複数の国が使っているわけではないので、アルゼンチンの国力がすぐに反映されています。以前、アルゼンチンのペソは暴落したのですが、これを書いている2014年の10月も、これから暴落しそうです。

このように国が持つリスクがあるのです。海外に投資したり融資したりする場合に、その国の信用度がどの程度あるかを表すものをカントリーリスクと言います。

イベント情報

  1. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  2. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…
  3. *イベント終了後のお知らせです 10月8日のFXの日に…
  4. タケルFXスクールとは、タケルベーシックルール®を使い、初心…
  5. 毎月2回以上、日本FX教育機構の入門講座を開催しています。 …

メディア掲載

  1. 2017年4月22日のフジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」にて…
  2. 人気の投資情報誌「月刊ネットマネー2017年3月号」…
  3. あけましておめでとうございます。 新年早々、新聞に の広告…