fbpx

売買のタイミングを判断する手法として、過去何日(週)分かの株価の平均値を計算してグラフにした移動平均線を用いる方法があります。

この移動平均線は米国のチャート分析家ジョゼフ・E・グランビル氏が考案したものです。

そして、「移動平均線と株価の乖離の仕方や方向性を見ることで、株価の先行きを判断する」材料として考案されたのが、「グランビルの法則」です。

グランビルが法則として唱えたのは、「移動平均線の取引を行う際、8つの売買ポイントがある」と言う事です。