売買のタイミングを判断する手法として、過去何日(週)分かの株価の平均値を計算してグラフにした移動平均線を用いる方法があります。

この移動平均線は米国のチャート分析家ジョゼフ・E・グランビル氏が考案したものです。

そして、「移動平均線と株価の乖離の仕方や方向性を見ることで、株価の先行きを判断する」材料として考案されたのが、「グランビルの法則」です。

グランビルが法則として唱えたのは、「移動平均線の取引を行う際、8つの売買ポイントがある」と言う事です。

FX初心者向け入門セミナー

イベント情報

  1. 1.アミ読書会 内容 全3回 アミの3巻を…
  2. 口ぐせ実践会を開催しました。 下記よりまだまだ申込…
  3. [product]…
  4. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  5. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…

メディア掲載

  1. 働く女性に向けたWEBメディア「avanti online …
  2. 幻冬舎の富裕層向け資産防衛WEBメディア「ゴールドオンライン…
  3. 幻冬舎の富裕層向け資産防衛WEBメディア「ゴールドオンライン…