ファンダメンタルズ分析とは、その国や地域の経済状況などを勘案し、他国と比較することでその国の状況を分析して、今後の相場動向を分析していく手法です。

代表的な指標としては、失業率や国内総生産、あるいは金利などあります。またその国の財政も重要です。

一番良い例がギリシャです。ギリシャは国家破綻するのではないかと言われました。それに影響してユーロ危機がうたわれました。このように分析していく手法です。マイナーな国で言えばアルゼンチンです。多額の債務を抱えているので、アルゼンチンは国として強いとは言えません。それ故、通貨も安くなります。

このように極端な例を持ち出すと、その国の通貨の状況はわかります。でも、問題は現在の相場はファンダメンタルズの要因を全て考慮されて市場が成り立っているのです。FXでの何らかの規則性を発見しようとして、失業率と価格変動との関係を調べる方がいますが、それらの間には何ら関係がない、というのが現在の考え方です。

各種複雑に絡み合っているファンダメンタルズ分析を、一つの指標等で判断しないことは極めて重要と考えています。

メディア掲載

  1. 4月24日発売の雑誌『財界』に、 当スクール代表・野口健幸…
  2. 弊社の記事が、3月1日付の「Markezine(マーケジン)…
  3. 弊社の記事が、3月1日付の「楽天infoseekニュース」に…
  4. 弊社の記事が、3月1日付の「niftyビジネス」に掲載されま…
  5. 弊社の記事が、3月1日付の「ZAKZAK by夕刊フジ」に掲…

FX初心者向け入門セミナー

FXコラム

イベント情報

  1.  8月12日(日)最強の猛暑の中、12時より入門セミナーを開…
  2. 2018/8/10

    自己紹介
    大阪から来た私! 初めまして、今年6月末に福岡に引っ越…
  3. ある日の実習のことです。参加者のトレードノートをいつものよう…
  4. 今回、福岡進出にあたり、弊社に力を貸してくれたのがアヴァンテ…
  5. 大好評のお金のブロック外しプチスクールが名古屋校でも開催しま…

東京セミナー

名古屋セミナー

福岡セミナー

埼玉セミナー