ジョン・ボリンジャーにより考案されたトレンド分析技法のひとつ。
移動平均線ミドルラインともいう)を中心に上下にいくつかバンド(線)を描き、内側のバンドほど、そこに価格が到達する頻度が高い。一方、外側のバンドほど、そこに価格が到達する頻度は低くなる。

ボリンジャーバンドは一般的には3つのバンドを表示させ、内側から1σ、2σ、3σと表記されている。

※σはシグマや標準偏差と呼ぶ。

初心者の方は、ボリンジャーバンドについて次のような感覚さえ持っていれば十分である。

1σ…簡単に超えちゃうかも
2σ…1日のうちに届いちゃうかもね
3σ…あまりに届かないと思うけど、届いちゃったら何か大きく動きそう、今後の動きに注意かな

メディア掲載

  1. 4月24日発売の雑誌『財界』に、 当スクール代表・野口健幸…
  2. 弊社の記事が、3月1日付の「Markezine(マーケジン)…
  3. 弊社の記事が、3月1日付の「楽天infoseekニュース」に…
  4. 弊社の記事が、3月1日付の「niftyビジネス」に掲載されま…
  5. 弊社の記事が、3月1日付の「ZAKZAK by夕刊フジ」に掲…

FX初心者向け入門セミナー

投資の大学銀座

FXコラム

イベント情報

  1. 今回、福岡進出にあたり、弊社に力を貸してくれたのがアヴァンテ…
  2. 大好評のお金のブロック外しプチスクールが名古屋校でも開催しま…
  3. 2月に本格開講したFXスクール名古屋校です。実はすごく驚くの…
  4. 5月に開講したFXスクールの福岡校ですが、FX入門セミナーの…
  5. 名古屋校ではなごやかFXの会と言う任意の生徒の会があります。…

東京セミナー

名古屋セミナー

福岡セミナー