FXで損切りを行うことを、ロスカットとも言います。FXでは利益になる場合と損をする場合とがあります。損は避けられないものです。勝率100%は絶対にありません。

自分が想定する方向に値段が動いた場合、利益になりますが、何回もトレードを行っていくと、必ず想定した方向と反対に行く場合があります。その時に損切りを置いておくのか、置いておかないのか、FXトレーダーによって手法が異なります。私は必ず損切りを置いておきます。

そのトレードが損切りにかかった、つまりロスカットになった、というような表現をします。FXでは損切り、あるいはロスカットは頻繁に起こります。これ以上、損をしたら耐えられないような値段のところに、損切りを置いておきます。ロスカットはどこ?と聞くのも同じです。

メディア掲載

  1. 4月24日発売の雑誌『財界』に、 当スクール代表・野口健幸…
  2. 弊社の記事が、3月1日付の「Markezine(マーケジン)…
  3. 弊社の記事が、3月1日付の「楽天infoseekニュース」に…
  4. 弊社の記事が、3月1日付の「niftyビジネス」に掲載されま…
  5. 弊社の記事が、3月1日付の「ZAKZAK by夕刊フジ」に掲…

イベント情報

  1. FXのスワップポイント
    スワップポイントについては、その特徴と歴史を踏まえると面白い…
  2. FXスプレット
    このコラムはFXでよく聞くスプレットとは何かを理解しながら、…
  3. 初心者がFXでうまくいくコツ
    FX初心者が継続的に利益を上げられるようになるって、夢のよう…
  4. スマホで投資
    あなたは今FXをやろうとしているから、この記事を読んでいるの…
  5. [embed]https://www.youtube.com…

東京セミナー

名古屋セミナー

福岡セミナー