FXで損切りを行うことを、ロスカットとも言います。FXでは利益になる場合と損をする場合とがあります。損は避けられないものです。勝率100%は絶対にありません。

自分が想定する方向に値段が動いた場合、利益になりますが、何回もトレードを行っていくと、必ず想定した方向と反対に行く場合があります。その時に損切りを置いておくのか、置いておかないのか、FXトレーダーによって手法が異なります。私は必ず損切りを置いておきます。

そのトレードが損切りにかかった、つまりロスカットになった、というような表現をします。FXでは損切り、あるいはロスカットは頻繁に起こります。これ以上、損をしたら耐えられないような値段のところに、損切りを置いておきます。ロスカットはどこ?と聞くのも同じです。

FX初心者向け入門セミナー

イベント情報

  1. 1.アミ読書会 内容 全3回 アミの3巻を…
  2. 口ぐせ実践会を開催しました。 下記よりまだまだ申込…
  3. [product]…
  4. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  5. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…

メディア掲載

  1. 弊社の記事が、12月4日付の「徳島新聞」に掲載されました。 …
  2. 幻冬舎の富裕層向け資産防衛WEBメディア「ゴールドオンライン…
  3. 弊社の記事が、12月4日付の「宮崎日日新聞」に掲載されました…