外貨準備とは、各国政府が対外的な支払いのために準備しておくお金です。日本は約1兆ドルを用意していると言われています。

具体的には、国の債務の支払いや貿易代金の決済などに充てるために準備しておくものです。でも、ときどき、介入のための資金に使われているようです。約1兆ドルというと約100兆円ですから、日本の国家予算並みのお金です。とても大金です。このような大金を使って、円の介入を行われては、市場に与えるインパクトが大きいのはあたり前です。外貨準備という名前だけではピーンときませんが、その規模から見ると、とても侮れないものです。日本政府は常に、国家予算並みの資金をFX市場に投入して、為替を操作できるという現状を知っていて、FXに取り組むべきでしょう。

メディア掲載

  1. 4月24日発売の雑誌『財界』に、 当スクール代表・野口健幸…
  2. 弊社の記事が、3月1日付の「Markezine(マーケジン)…
  3. 弊社の記事が、3月1日付の「楽天infoseekニュース」に…
  4. 弊社の記事が、3月1日付の「niftyビジネス」に掲載されま…
  5. 弊社の記事が、3月1日付の「ZAKZAK by夕刊フジ」に掲…

イベント情報

  1. FXのスワップポイント
    スワップポイントについては、その特徴と歴史を踏まえると面白い…
  2. FXスプレット
    このコラムはFXでよく聞くスプレットとは何かを理解しながら、…
  3. 初心者がFXでうまくいくコツ
    FX初心者が継続的に利益を上げられるようになるって、夢のよう…
  4. スマホで投資
    あなたは今FXをやろうとしているから、この記事を読んでいるの…
  5. [embed]https://www.youtube.com…

東京セミナー

名古屋セミナー

福岡セミナー