世間一般には、年金というと我々が給料から取られる厚生年金や共済長期あるいは個人事業者が支払う国民年金の事をさしますが、外国為替市場において年金という場合は、生命保険会社やそれを運用する年金運用のお金をさします。

何故なら、年金の金額は膨大なお金なので、その動向が相場に影響を与える可能性があるからです。実際、年金のお金は株などに使われていて、FXで使われているのは少ないようです。

しかし外国の債券などは外国との為替動向が読めないため、何らかのリスクヘッジをしていると言われております。詳細は不明ですが、年金のために資金が運用されている事を覚えておいてください。

イベント情報

  1. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  2. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…
  3. *イベント終了後のお知らせです 10月8日のFXの日に…
  4. タケルFXスクールとは、タケルベーシックルール®を使い、初心…
  5. 毎月2回以上、日本FX教育機構の入門講座を開催しています。 …

メディア掲載

  1. 2017年4月22日のフジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」にて…
  2. 人気の投資情報誌「月刊ネットマネー2017年3月号」…
  3. あけましておめでとうございます。 新年早々、新聞に の広告…