よく、FXでは「押し目買い」なんて言葉がでてきます。最初は何だかわからないですよね。FXは価格が上昇したり下落したりする場合、適当なリズムをとって動いています。これがFXの特徴の一つです。

適当なリズムとは、定まった規則的な動きではない、という事と、価格が仮に上昇トレンドだとしても、上がるだけではなく、一旦、下がることがあります。押し目買いとは、上昇トレンドになっている場合、下落と言って下がっている状態になることがあり、その下がりが終わった時に、買いでエントリーするのが基本となることから、この点を押し目と言う俗語が生まれました。だから押し目で買うとは、下落し終わったところで、買いでエントリーして買いでポジションを持てということです。

でも、実際、たいていの人は押し目がどこだかわからないのです。買いで入ってエントリーした後に、やっぱり下がったなんて事は、最初のうちは頻繁にあるのです。

押し目を最初から狙えると思ってはいけません。でも、押し目を狙えるようになってきたら、初心者のレベルを脱却します。頑張って、押し目買いを身に付けましょう。

イベント情報

  1. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  2. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…
  3. *イベント終了後のお知らせです 10月8日のFXの日に…
  4. タケルFXスクールとは、タケルベーシックルール®を使い、初心…
  5. 毎月2回以上、日本FX教育機構の入門講座を開催しています。 …

メディア掲載

  1. 2017年4月22日のフジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」にて…
  2. 人気の投資情報誌「月刊ネットマネー2017年3月号」…
  3. あけましておめでとうございます。 新年早々、新聞に の広告…