標準偏差とは、ボリンジャーバンドで出てきたσ(シグマ)と呼ばるものです。これは簡単に言うと「バラつき」と言えます。

例えば、FXのローソク足を思い浮かべてください。価格がコロコロ変わり上下に動きながら右に進んでいくと思います。バラつきをざっくりと説明すると、この上下に変動している価格をある期間(例えば20日間)だけ取り出し、その平均値を求め、平均値からどれだけズレるのかを規定の式で計算し数値化したものです。

標準偏差は確率統計に関係しますので詳細はご自身でお調べください。

メディア掲載

  1. 4月24日発売の雑誌『財界』に、 当スクール代表・野口健幸…
  2. 弊社の記事が、3月1日付の「Markezine(マーケジン)…
  3. 弊社の記事が、3月1日付の「楽天infoseekニュース」に…
  4. 弊社の記事が、3月1日付の「niftyビジネス」に掲載されま…
  5. 弊社の記事が、3月1日付の「ZAKZAK by夕刊フジ」に掲…

イベント情報

  1. FXのスワップポイント
    スワップポイントについては、その特徴と歴史を踏まえると面白い…
  2. FXスプレット
    このコラムはFXでよく聞くスプレットとは何かを理解しながら、…
  3. 初心者がFXでうまくいくコツ
    FX初心者が継続的に利益を上げられるようになるって、夢のよう…
  4. スマホで投資
    あなたは今FXをやろうとしているから、この記事を読んでいるの…
  5. [embed]https://www.youtube.com…

東京セミナー

名古屋セミナー

福岡セミナー