標準偏差とは、ボリンジャーバンドで出てきたσ(シグマ)と呼ばるものです。これは簡単に言うと「バラつき」と言えます。

例えば、FXのローソク足を思い浮かべてください。価格がコロコロ変わり上下に動きながら右に進んでいくと思います。バラつきをざっくりと説明すると、この上下に変動している価格をある期間(例えば20日間)だけ取り出し、その平均値を求め、平均値からどれだけズレるのかを規定の式で計算し数値化したものです。

標準偏差は確率統計に関係しますので詳細はご自身でお調べください。

メディア掲載

  1. 4月24日発売の雑誌『財界』に、 当スクール代表・野口健幸…
  2. 弊社の記事が、3月1日付の「Markezine(マーケジン)…
  3. 弊社の記事が、3月1日付の「楽天infoseekニュース」に…
  4. 弊社の記事が、3月1日付の「niftyビジネス」に掲載されま…
  5. 弊社の記事が、3月1日付の「ZAKZAK by夕刊フジ」に掲…

FX初心者向け入門セミナー

投資の大学銀座

FXコラム

イベント情報

  1. 今回、福岡進出にあたり、弊社に力を貸してくれたのがアヴァンテ…
  2. 大好評のお金のブロック外しプチスクールが名古屋校でも開催しま…
  3. 2月に本格開講したFXスクール名古屋校です。実はすごく驚くの…
  4. 5月に開講したFXスクールの福岡校ですが、FX入門セミナーの…
  5. 名古屋校ではなごやかFXの会と言う任意の生徒の会があります。…

東京セミナー

名古屋セミナー

福岡セミナー