標準偏差とは、ボリンジャーバンドで出てきたσ(シグマ)と呼ばるものです。これは簡単に言うと「バラつき」と言えます。

例えば、FXのローソク足を思い浮かべてください。価格がコロコロ変わり上下に動きながら右に進んでいくと思います。バラつきをざっくりと説明すると、この上下に変動している価格をある期間(例えば20日間)だけ取り出し、その平均値を求め、平均値からどれだけズレるのかを規定の式で計算し数値化したものです。

標準偏差は確率統計に関係しますので詳細はご自身でお調べください。

イベント情報

  1. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  2. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…
  3. *イベント終了後のお知らせです 10月8日のFXの日に…
  4. タケルFXスクールとは、タケルベーシックルール®を使い、初心…
  5. 毎月2回以上、日本FX教育機構の入門講座を開催しています。 …

メディア掲載

  1. 2017年4月22日のフジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」にて…
  2. 人気の投資情報誌「月刊ネットマネー2017年3月号」…
  3. あけましておめでとうございます。 新年早々、新聞に の広告…