逆指値注文とは、指値注文に対するものですが、指値注文については指値注文でご覧ください。

逆指値注文を一言で言うと、より高い値段になれば買う、より安い値 段になれば売る、という注文方法です。

通常、指値注文では低い値段の時に買うことができれば利益の金額が大きくなり、メリットが高いのですが、逆指値は買いの時に、現在よりも高い値段になった場合に買う方法なのです。売りの逆指値注文はこの逆です。つまり、売りの時に、現座よりも低い値段になった場合に売る注文方法なのです。

これらは一見、不合理に見えますが、FXをやっていると、たまにそういう場面に出くわします。一種のリスク管理の手法です。この手法もそのうち覚えておいて欲しい方法です。逆指値注文は使います。

メディア掲載

  1. 4月24日発売の雑誌『財界』に、 当スクール代表・野口健幸…
  2. 弊社の記事が、3月1日付の「Markezine(マーケジン)…
  3. 弊社の記事が、3月1日付の「楽天infoseekニュース」に…
  4. 弊社の記事が、3月1日付の「niftyビジネス」に掲載されま…
  5. 弊社の記事が、3月1日付の「ZAKZAK by夕刊フジ」に掲…

イベント情報

  1. FXのスワップポイント
    スワップポイントについては、その特徴と歴史を踏まえると面白い…
  2. FXスプレット
    このコラムはFXでよく聞くスプレットとは何かを理解しながら、…
  3. 初心者がFXでうまくいくコツ
    FX初心者が継続的に利益を上げられるようになるって、夢のよう…
  4. スマホで投資
    あなたは今FXをやろうとしているから、この記事を読んでいるの…
  5. [embed]https://www.youtube.com…

東京セミナー

名古屋セミナー

福岡セミナー