逆指値注文とは、指値注文に対するものですが、指値注文については指値注文でご覧ください。

逆指値注文を一言で言うと、より高い値段になれば買う、より安い値 段になれば売る、という注文方法です。

通常、指値注文では低い値段の時に買うことができれば利益の金額が大きくなり、メリットが高いのですが、逆指値は買いの時に、現在よりも高い値段になった場合に買う方法なのです。売りの逆指値注文はこの逆です。つまり、売りの時に、現座よりも低い値段になった場合に売る注文方法なのです。

これらは一見、不合理に見えますが、FXをやっていると、たまにそういう場面に出くわします。一種のリスク管理の手法です。この手法もそのうち覚えておいて欲しい方法です。逆指値注文は使います。

イベント情報

  1. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  2. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…
  3. *イベント終了後のお知らせです 10月8日のFXの日に…
  4. タケルFXスクールとは、タケルベーシックルール®を使い、初心…
  5. 毎月2回以上、日本FX教育機構の入門講座を開催しています。 …

メディア掲載

  1. 2017年4月22日のフジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」にて…
  2. 人気の投資情報誌「月刊ネットマネー2017年3月号」…
  3. あけましておめでとうございます。 新年早々、新聞に の広告…