FRB(えふあーるびー)とは米連邦準備制度理事会のことで、英語名は、Federal Reserve Boardなので、この略でFRBと略しています。また、連邦準備銀行もFRBと言います。英語名は、Federal Reserve Bankなので、こちらも略してFRBと言われています。この両者のFRBはよく混同されて使われておりまう。でも、FXにおいては後者の方がよく使われます。連邦準備銀行と言っても、アメリカの金融政策を行う、中央銀行としての役割を持っています。

ここに役割を持つ、という言葉を書いていますが、実はFRBは民間銀行です。日本銀行は国営銀行ですが、アメリカの中央銀行に相当するFRBとは民間銀行であることが大きな違いとしてあります。またFRBは通貨ドルを発行しています。

2014年現在、アメリカの通貨ドルだけでなく、ドルの政策金利の変化に各国は非常に神経をとがらせております。その意味でも、ドルは世界通貨とFX上では言えると思います。

イベント情報

  1. 2月11日、日本FX教育機構(タケルFXスクール)が…
  2. 11月3日に行われた、横浜そごう9Fでの、出版記念イ…
  3. *イベント終了後のお知らせです 10月8日のFXの日に…
  4. タケルFXスクールとは、タケルベーシックルール®を使い、初心…
  5. 毎月2回以上、日本FX教育機構の入門講座を開催しています。 …

メディア掲載

  1. 2017年4月22日のフジテレビ「関ジャニ∞クロニクル」にて…
  2. 人気の投資情報誌「月刊ネットマネー2017年3月号」…
  3. あけましておめでとうございます。 新年早々、新聞に の広告…